心に響く!!育児☆経験しましょ~~
最近よく耳にする「生きる力」「人間力」どうやって身につけたらいいの?30代ママ、絵本読み聞かせ&親子クッキングを楽しみながら家庭で学ぶ知育を実践中
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ事件のつづき読みました。
こちら↓を読み

英語子育てブログ事件 パート2

http://eigobon.weblogs.jp/yomikikase/

皆さんのコメントなど拝見し
子育ての重大さを再確認しました。

社会に担う子ども達を育てているのですよね。


自分の子どもだけに焦点を当てすぎず、
(個性を見るのではなく、身近にいすぎて自分の物、盲目的な意味で)
自分の意見をもって
周りの意見を聴き、
攻撃してしまうのではなく意見を交換し話し合える関係が増えるとを願っています。
そのために出来ること 考えて行動に移す
微力ながらがんばろうと

少し話しが外れてしまうのですが

近所の公立中学生のお子さんがいる方とお話していて
学校が荒れているとよく聞きます。

聞いた話が
「学校の先生が教室のガラスに石を投げて割った生徒を叱ったところ、その生徒の親が学校に来て
なぜ子どもを叱ったのかと怒鳴りこんできた。親はそこに石があったから悪いと言って
いた」
「参観日に見に行くと 授業中なのにうろうろ歩きまわっている子どもが数人いて 先生は授業を進めている」
など

いきなりこうなったのではないと思うのですが、ではいつから?

私が中学生の頃は授業中に歩き回る生徒はいなかったし、
石を投げて割ることは投げた本人が悪いのに親がなぜ先生に「子どもは悪くない」と訴えるのだろう
自分は悪くない→石があったから→なんでも人の他人の所為にする。
子どもが大きくなったとき 
そんなの聞いてない 違う知らない 
自分は悪くないで相手を攻撃してしまう人が増えしまうと悲しいし恐ろしく思います。

意識下で徐々に進行していることが 段々行動に目に見えるようになってきたということでしょうか。

私達親子はゆる~い家庭教育で
ひたすら絵本の読み聞かせを中心にしています。
母国語の豊富さは英単語を調べているときに感じたり
娘は日本語の絵本でも 聞きなれない言葉は何回も聞いてくるし どういう意味か知りたがり
どんな雰囲気が考えたり 
言葉がなければ思考を鑑みることできません。
言葉があるから相手の考えを知る手がかりになると思います。

うわべだけの言葉の意味ではなく 思考が伴なってこそ深みが増す言葉なんですね。

だから言葉を学ぶということは
どういうことなのか考える必要があると思いました。











スポンサーサイト

テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

英語子育てブログ事件
受け取りかたは人それぞれ・・・

自分はマミ~さんのブロクに出会い
救われ感謝しているひとりです。



下手な言葉を並べるより 
『子どもの能力を120%伸ばす方法』
 こちらを↑いろんな方に読んでもらいなぁ。


図書館で選んできた本
日曜に地元図書館に行ってきました。

彼女のお目当ては「ミッケ」
ミッケ!―いつまでもあそべるかくれんぼ絵本 I SPY 1ミッケ!―いつまでもあそべるかくれんぼ絵本 I SPY 1
(1992/08)
ジーン・マルゾーロ、ウォルター・ウィック 他

商品詳細を見る

二冊ミッケのシリーズが見つかり
他の借りる本を選んでいく彼女
それとなく勧める本はまったく興味もたず
迷路系 なぞなぞ系を選んでいく・・・
自分で選ぶってことが楽しそうです。

リトルピーの豆だぁと見つけてきた本↓
(リトルピーとはチル大ママ英語で教材に使われた英語絵本)
CABC3VMF.jpg
この豆はなんて名前なんだろと真剣に見てました。


決められたものを与えるのではなくて
沢山の本の中から選ぶってのもいいなぁ





絵本よみきかせに興味があったので②
おはなしボランティア養成講座
第2回
「「ダンうみへいく」(自作絵本)のできるまでー我が家の子育て奮闘記」
今回も講師は松田司郎氏でした。

絵本は
動物園生まれのダンが
おとうさんぞうが海を渡ってきた話を聞き
見てみたいという思いが通じ、動物園を抜け出し海に行くお話です。


当時、実際に画家さんと動物園に取材にいきぞうの部屋の狭さに驚いたそうです。
そのほか絵本の作品ができるまでの流れと、作家さんとのやり取りをお話くださいました。

絵本の読み聞かせ、松田氏はふたりの子どもさんにずっとしてきたそうで
大人にとってもとてもいい経験だったとおっしゃってました。

「絵本を読み聞かせをしているからといって、すぐ目に見えた結果をもとめないで」
「内面で成長してますから」と言っておられたのが印象的でした。

最後は受講されている皆さんと意見を聞くことができました。
学校ボランティアで絵本を読まれているかた、絵本を読み聞かせをされているかた、
ととても熱心な方々ばかり。
読み聞かせを大事だと思っているかたの意見を聞くことができ、自分は心が狭いなぁーとちょっと落ち込みましたが。
自分の暗い部分に気づけて講座を受けてよかったです。


養成講座の1回目と2回目は
テクニック的なことではなくて、
絵本の読み聞かせに対する心持を学ぶ講座だったようです。

次回3回目は実際の子ども達に絵本を読んでおられる方が講師です。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村参加しています、ポチッと押していただいたら励みになります♪





テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

絵本よみきかせに興味があったので①
市が主催している
「おはなしボランティア養成講座」
絵本の読み聞かせに興味があったので申し込みしました。
保育も事前に連絡すれは講座中、子どもを預かってもらえるので
子育て中のお母さん達も助かり安心です。

講座は全部で4回。
ただいま講座を2回受けたところです。
ろくべえまってろよ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)ろくべえまってろよ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)
(2005/02)
灰谷 健次郎

商品詳細を見る

一回目は「「ろくべえまってろよ」の魅力ーロングセラーの編集と反響」
灰谷健次郎・作
長新太・絵 
文研出版1975年初版

講師は
この絵本の編集に関わった
元編集者で絵本作家、大学教授の松田司郎氏からお話をお聞きしました。

絵本が出版されるまでお話(作家さんたちの裏話も)や発行した後の本の反響。
戦後の時代背景や消費文化になっていった様子や
大人の傲慢な意識、本当にある生きているものに目を向けなくなったのではとお話されていました。

「ろくべえまってろよ」が出版された35年前、
当時好まれた作品は家庭的で明るい、健康優良児が出てくるような絵本が主流で
出版社会議(絵本を出すかどうか話合う)では
この作品の場面が穴ばかり、暗い絵、ざんしんすぎるので
売れるわけない。
と若かった松田氏は上司やほか編集者に言われたそうですが、
(当時の出版事情が厳しくなかったのでこの絵本だせたそうです)
実際には子ども達に反響があり。売れに売れたそうです。

子どものフィルターのかかっていない目から絵本をみて

犬が穴に落ちた
子どもたち
犬は大切な友だち→心配→助けたい→大人に助けを求める

大人たち
汚い雑種の犬→無関心
母・自分の子どもだけは危ないことするのは許しません
男性・犬でよかったな。人間だったら大変だった。

大人たちに頼れないので
子どもたちで犬を救助するアイデアを出し合う。

犬は助かるの?(緊張)←穴から視点をずらさない場面の絵

最後のページで穴から犬が助けだされみんな明るい場所にでてくる。

縛られない子どもたちに
素直な感動をあたえたのではないかと言われていました。

この絵本は何度か娘に読み聞かせをしていましたが、↑のようなことまったく考えていませんでした。

しかも絵本にでてくる大人たちって自分自身に心あたりがあるような…
無関心で自分さえよければそれでいい、というような。
ほんとに それでいいの いや あかんよね。

我が振りなおしたい

とおもっちゃいました。

絵本って子どもだけじゃなく大人にも為になるんですね。

こんど絵本を娘に読み聞かせのとき
私も関心もって違う見方してみたいです。



あとこの絵本が出版した当時、家庭文庫というのがあって
お母さんたちが家で好きな絵本を集めて開放していたと聞きました。
私の周りであまりないお母さん同士の交流がない、つながりが希薄な現代ですが、
tamaこと石井さんがチル大コミュで英語のDVDを貸していだだき
とても感謝しています(貸していただいたDVD子どもと楽しみながらを見ました)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村参加しています、ポチッと押していただいたら励みになります♪



テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。